トップページ > 建築シートのデザイン

建築シートのデザイン

特注現場シートのデザインにおいて、形式ばった決まりはございません。

従って、お客様の意図に沿って、自由にご製作頂きまして全く問題ありません。このページでは、あくまでも一般的な、現場建築シートの事例についてご紹介しております。ご参考までにご一読頂けますと幸いでございます。


【基本的な建築シートのデザイン】 


■頻繁に利用されるコンテンツ


・企業ロゴ

・企業名

・URL

・電話番号

・住所

・キャッチコピー(※例 安心設計、格安・激安住宅販売、家造りのパートナー等)

・企業理念


■一般的なレイアウト


・写真を用いて作成するケース

建築シートの上部3/4程度を写真で埋めます。そこに、貴社のキャッチコピーや売り文句を重ねて挿入します。下部1/4にオリジナルの企業ロゴと企業名、電話番号をやや大きく、住所、URLなどやや小さめにレイアウトしているものが多いです。


・写真を用いず作成するケース

白地、もしくは企業様のイメージカラーを背景にして、中央に大きく企業ロゴをあしらいます。その上部に企業理念などを挿入し、下部に企業名、電話番号、URLを順に配置しているものが特注現場シートのデザインで多くなっています。


■オーダー現場シートのカラー


・ブランドの認知を狙うなら

ブランドの認知を高めるなら、企業様のイメージカラーをメインにお使い下さい。

名刺やホームページ、社旗などと同様の統一カラーを用いることで、お客様により貴社を想起して頂きやすくなります。背景色もしくは、オリジナルロゴなどにご利用になるのが良いかと存じます。


・とにかく目立たせたいなら

広告を目立たせることに主眼を置くケースでは、警戒色と呼ばれ、視認性の高い、イエローやレッドをメインにされることをお薦めします。また、フルカラーの大きな写真を挿入し、ご制作頂くのもひとつの手法として良いと思います。


【メッシュ素材における注意点】

一般的には特に問題のない範囲かと思われますが、生地に無数に穴が空いているメッシュ素材の特性上、通常のターポリン生地と比較して若干プリントが見えにくいところがございます。

また、建築シートの奥側が明るいと、印刷面の色合いも明るく見えてしまいますので、そういった点も、予めご了承頂けますと幸いでございます。